職場で抱えたストレスの解消法

仕事にストレスはつきものです。仕事を続けていく上で、ストレスとどのように向かい合うかという問題から逃れることはできません。帰宅後に仕事のことばかり考えているとストレスが溜まる一方でしょう。しかし、無理に仕事のことを忘れようとしても、なかなか忘れられるものではありません。気晴らしに散歩に出かけても、歩きながら仕事のことをあれこれ考えてしまう人が多いでしょう。そこで、仕事以外のことに専念することが大切です。あまり手の混んだ作業ではなく、食器洗いや掃除といった単純作業の方が意外と効果的です。

室内作業のほか、庭に出て伐採や草むしりをするなど、ある程度達成感のある作業が良いでしょう。一旦何かをやり遂げたら、些細なことでも気持ちの区切りがつくものです。あまりに元気が無くて能動的な活動に対しやる気が起きない時は、シャワーを浴びたり動画を見たりすると、いつの間にかストレスが抜けるかもしれません。

信頼できる人に相談してストレスを解消する

仕事で溜め込んだ不満やストレスを、他人に吐き出すこともストレス発散になります。ただし、吐き出す相手が誰でも良い訳ではありません。自分の愚痴や主張をしっかり受け止めてくれる人に相談すると、自分の気持ちを共有してもらえたという充実感が生まれてスッキリします。信頼できる人なら職場の状況がわかっている同僚でも良いのですが、仕事のストレスが伝染して相手もストレスを抱えてしまうリスクがあるので、あまりおすすめできません。

職場の異なる同業者だと、ある程度仕事の状況を理解してくれるし、現場にはいないためストレスが直接伝染することもないでしょう。いずれにしても、あれこれ忠告しようとせず、黙ってうなずきながら聞いてくれる相手が必要なのです。